2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« お中元 | トップページ | 桜のかんざし »

2012年7月11日 (水)

手作り指輪

結婚指輪は、二人で手作りしましたring

手作りと言っても、最初から最後まで全部を作るのではなくて、デザインをしてワックスで指輪の型を作り、文字を彫るところまで。最後は、職人さんが丹精込めて仕上げてくれるので、手作りとは言ってもコテコテの手作り感はまったくありませんconfident
シンプルに、一粒のダイヤモンドがあしらわれた指輪の裏には、結婚式の日付とゴッティと私のイニシャルが刻まれています。世界にただ一つ。ゴッティと私だけの指輪が出来上がりましたup

1521_2
ゴッティと私が選んだアトリエは、100&1(ワンハンドレッド・アンド・ワン)。金沢にアトリエを構えるお店です。東京を拠点にしている私達にとって、金沢まで行くには時間もお金も掛かりますshock。が、事前の相談は、店主が上京された際に時間を作って下さり、デザインや掛かる料金の相談に乗って下さいましたconfident
そして、制作だけは…せっかくなので金沢へ行き、指輪作りの旅を丸ごと思い出にしてしまおうと企画good。金沢のアトリエに伺いましたsign01
道中立ち寄ったのは、世界遺産である岐阜の白川郷rvcardash。憧れだった合掌造りのお宿に宿泊し、ゴッティと私の夢である古民家暮らしに思いを馳せましたconfidentshine。囲炉裏端で頂いた朴葉焼きに濁り酒…全てに風情があり、ゆったりと過ごした時間は今でも忘れられません。

これら全ての思い出が指輪を見る度に思い出されます。行って良かった。作って良かった。心からそう思います。

そして、私達が選んだ婚約の証…いわゆるエンゲージリングは、リングではなくネックレスなんですshine

P71113291
100&1の店主が薦めて下さり、デザインまでして下さいましたup。しかも、コレ、まずはダイヤモンドを選ばせて下さったんですcoldsweats02。こんな経験初めてsign01(←まぁ、ダイヤモンドを持つこと自体が初めてなんですが・・・coldsweats01)。4つのC(クラリティ・カラー・カット・カラット)も丁寧に説明して下さり、色々勉強になりましたが、「コレ」と感じるものを選びました。
カラーは、一般的なホワイトではなく、「FANCY LIGHT YELLOWISH BROWN」。そう、ナチュラルカラーのダイヤモンドなんです。蛍光灯・白熱灯・太陽光…当たる光によって、ダイヤモンドの色も変わるんですhappy02。ダイヤモンドと言えばホワイトだと思っていたので、感動でした。
シンプルで飽きの来ないデザイン、自分で選んだダイヤモンド。そのどれもが私のお気に入りですconfidentheart04

100&1では、親身に相談に乗って下さいます。ご興味のある方、是非一度HPを覗いてみて下さいgood

« お中元 | トップページ | 桜のかんざし »

wedding」カテゴリの記事

コメント

改めておめでとうhappy01upshine

思い出に残る旅や手作りで感動しますhappy01

すべてが自分達の手によって作成されていることに幸せを感じますheart02

§
maacoねーさんheart
ありがとうございますhappy02
とても思い出に残る旅になりました。
指輪を見るたびに思い出しますconfident
maacoねーさんも是非手作りしてくださいねlovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403530/46285342

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り指輪:

« お中元 | トップページ | 桜のかんざし »

無料ブログはココログ