2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

2012年8月18日 (土)

筆入れ

オーダーを頂いてから早3ヵ月coldsweats02。オーダーメイドの筆入れが、漸く仕上がりましたdash
革紐でくるくる巻いて括る、くるくる巻きシリーズですhappy01

P81514601
筆入れポケットは、2~5cm幅が合計8つ。お客様のご希望で深めのポケットにしてありますgood

P81514591
筆を入れたら、上から布を被せて蓋をします。これで、上からスルッと抜けてしまう心配がありませんconfident

P81514571_2
あとは、くるくる丸めて革紐でぐるぐる巻きにして括りますpen

P81514581
下の部分の模様は、お客様のオリジナルロゴcopyright。ご希望があり、刺繍させて頂きましたshine。これで、世界でただ一つ、お客様だけのオリジナル筆入れとなりましたhappy02

生地は、お気付きの方も多いと思いますが…男性用キャラメルポーチと同じ茶の袴の生地にデニムを合わせました。やっぱり、この組み合わせはとっても渋くてカッコいいですgood

早速、商品到着のご連絡を頂き、大変喜んで頂けたご様子happy01。一生大切に使わせて頂きます、と言って下さり、とっても感激しましたcrying。またがんばりますrockdash

オーダーメイドの筆入れ
表:デニム・袴地
裏:デニム
オーダー品

2012年8月14日 (火)

ランチョンマット-芥子色の絣-

P61411971
おばあの着物の端切れで、ランチョンマットを作りました。

地色は明るめの芥子色。白と赤で絣模様に染められています。八王子で絣織を学んでいたので、絣は一番のお気に入りup。「絣足(かすりあし)」と言って、模様が消えて行く部分が儚くて美しくて好きなんです。

けれど、作ったはいいのですが、ランチョンマットの出番は友人を招いた時のみ。ですので、2枚しかないこの芥子色のランチョンマットは、友人を招いた時には登場出来ず・・・ゴッティとの食卓で1回しか使っていませんdown。なぜ出番がないのか検証→夕食時にお皿が多くて、マットに乗り切らないdowndowndown。・・・そうだ、ランチ時のお皿が少ない時に、登場させてあげようrockdashdashdash

ランチョンマット-芥子色の絣-
我が家用

2012年8月11日 (土)

藍染めのコースター

P72713931
川島テキスタイルスクールで染織を学ぶ為、学生時代から頻繁に京都に行っていました。スクール開講前や閉講後に、あちこち観光して京都を満喫。楽しい思い出が一杯ですhappy01
その観光で宇治を巡った時に、万福寺の近くでアンティークショップを発見up。お茶とトチノミせんべいでもてなしてくれた素敵なお店でした。色々魅力的な物達があって、将来はこんなアンティークな家具を置きたいなどとものすごく妄想しつつ、藍染め布の端切れ達をお買い上げ。…こんな風に思い出を回想していて気付くのですが、そう、この藍染めの布達…かれこれ20年もの間、大事に大事に仕舞い込まれていたんですねcoldsweats02

…これは、いかんdown

そこで、友人達が遊びに来るのに合わせて、コースターを作りましたgood

P72713921
このコースターのお陰で、デザートの簡単豆乳プリンがなんとなく高級にup。とろとろ豆乳プリンに鹿嶋パラダイスのきな粉をふり掛け、黒蜜を少し垂らして頂きましたrestaurant。友人達にも好評で、私も病み付きになっていますnotes

コースター-藍染め布-
我が家用

2012年8月 6日 (月)

裂織布で

おばあの親戚が織った裂織りの半幅帯を、何年も前に頂いて、裂織りが大好きな私は大事に大事に仕舞っておきましたconfident
でも、2年前から大々的に捨てる日々を過ごしてきた私。それまでは、色々なモノを仕舞い込む習性があったけれど、不要なモノを捨てるうちに、「好きなモノは、使わないと意味がないup」と思うようになりましたhappy01。好きなモノに囲まれて暮らすと、気分は上々upup。幸福度急上昇ですupupup

P61412031
そこで、まず作ったのがポットマット。裂織布と言うだけで風情があって、とてもステキなマットになりましたheart04。コーヒーであっと言う間にシミがつくので、コレは幾つあっても便利good

P61412061
それから、テーブルセンターもconfident
…裂織りってやっぱりいいなぁgawk。こうして使ってみると、丈夫だし素朴な雰囲気がまた良くて、更に裂織りが好きになりますup

リビングには、絹の裂織布が飾ってありますが、そちらはとても柔らかく織られていてとてもしなやかなんですconfidentheart04。中山工房に通っていた頃知り合った方の作品shine。とてもステキな手織り作家さんですnotes

P61412081
さて、端を縫っただけのこのマット達。あまりにもステキで可愛かったので、沢山作って実家の料理長とコトンちゃんにプレゼントしましたpresent

P61912311
「心ばかり」と書いてある箱は、以前スッポンスープを頂いた時のものconfident。丈夫でステキな箱だったので、リユースしましたgooddash

毎日使えるポットマットにテーブルセンター、とても喜んでもらえましたhappy01
やっぱり、好きなモノは使ってこそ価値がありますねup。捨てる日々を始めて、「モノ」を厳選していくうちに、なんでもとっておきたがりな自分の中にも変化が現れました。自分の大好きなモノ達に囲まれて暮らすために、不要なモノはとことん処分しようと改めて感じた次第ですshineshineshine

ポットマット-裂織布-
非売品

テーブルセンター-裂織布-
非売品

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

無料ブログはココログ